2021/06/17

東海市新型コロナワクチン予防接種について(5/10現在)

こんにちは。小川糖尿病内科クリニックの小川です。

コロナワクチン予防接種についてお伝えいたします。


<注意事項>

当院はコロナワクチン個別接種医療機関ですが、予約や予約に関するご質問は当院では受け付けておりません。また、予告なく予防接種についての内容が変更される可能性がございますので、予約前に下記サイトやコールセンターにてご確認をお願いいたします。


予約開始日時、予約方法、その他詳しい内容につきましては、

特設サイト (東海市コロナワクチン予防接種特設サイトへ)

コールセンター(052-601-6555)

にてご確認をお願いいたします。


また、厚生労働省が作成している新型コロナワクチンについてのQ&Aは、こちらをクリック(外部リンク)サイト内では新型コロナワクチンについて詳しく記載しています。

6月21日からの予約枠は現在まだ空きがあります。
6月17日9時現在

<予約の流れ>

①接種券が届く

  ↓

②予約する(東海市の予約開始日時につきましては、特設サイトをご確認ください)

予約方法は以下の2通りです。

①コールセンター(052-601-6555)、フリーダイアル(0120-123-912)

②ワクチン接種予約システム(こちらをクリック(外部リンク))

 ▶︎②の予約システムの詳しい使い方はこちらをクリック(外部リンク)

なお、基礎疾患などがある方は、かかりつけ医などに接種可能かご相談の上ご予約ください。

  ↓

③予約した日時に接種医療機関にて接種する(当院の場合)

◆持ち物

接種券、予診票、健康保険証、住所がわかる本人確認書類(運転免許証など)、お薬手帳(あれば)

※接種券、予診票がない場合は接種致しかねますので、必ずお持ちください。


◆当日の服装


・肩に近い位置に接種いたしますので、
 半そでの服、袖なしの服を着用ください。

 ・その服装で上着を羽織った場合は、
  接種時には脱いでいただきます。


◆注意事項

・感染症対策のため、必ずマスク着用の上お越しください。

・スムーズに接種するため、事前に予診票にご記入ください。

・他の患者さまの診察と同時進行で予防接種を行っているため、予約時間より前後する可能性がございます。予約時間はあくまで目安時間でありますことをあらかじめご了承ください。

・接種後、急変などが起こった場合に対応するため、15〜30分待機していただきます。

・接種者の付き添いの方は最低限の人数でお願いいたします。



<予防接種開始時、当院のコロナ対策について>

・手指消毒用アルコール




・空気清浄機



・自動検温機、受付パーテーション










・待合室椅子にパーテーション設置(一部ない椅子もございます)










・接種後の待機場所にパーテーション設置(こちらのスペースで15〜30分待機していただきます)












<最後に…>

感染者が増加してきておりますので、引き続き手洗い、マスク着用をよろしくお願いいたします。

定期薬の服用ができない状況は危険ですので、受診の方はお忘れなくご来院ください。


<コロナワクチンについて他のブログへ(気になる記事をクリックしてください)>

当院での新型コロナワクチン接種の流れ

当院での新型コロナ(COVID19)ワクチン接種後のアナフィラキシーと対策

新型コロナ(COVID19)ワクチン投与の副反応





(発行・監修:長野県新型コロナウイルスワクチン接種アドバイザーチーム)



2021/06/16

看護師(パートさん)募集中です 内容変更あり

こんにちは。

小川糖尿病内科クリニック院長の小川義隆です。


現在、当院では人員強化のため、

午後勤務もしくは土曜日午前勤務が可能な看護師(パートさん)を募集しております。

午前のみ勤務の方でも応募可能です。

急募のため、すぐに働ける方優先で採用させていただきます。


【募集職種】看護師(正・准)


【募集人数】1名


【仕事内容】 

・外来業務における看護業務(診察補助、採血、問診、検体検査など)

・インスリン導入・自己血糖測定指導

(指導の仕方はレクチャーしますので未経験でも大丈夫です)

・在庫管理

・院内清掃

・シフト調整 等

【給  与】 時給 1,400円(午前・午後)

【勤務時間】 8:30 ~ 19:15
       月・火・水・金  午前 8:30~12:30  午後 15:45~19:15
       木・土      午前 8:30~12:30
       残業あり

【休日休暇】 木曜日・土曜日午後
       祝日・日曜日
       夏季休暇・年末年始   
       
【応募要件】 看護師、または准看護師資格保持
       採血、検体検査の経験がある方

【試用期間】 就業から3ヶ月は試用期間になります。

【福利厚生】 インフルエンザワクチン予防接種
       交通費支給(上限あり)
       マイカー通勤OK(駐車場完備)
       雇用保険
       資格取得支援・手当あり

【勤務地】  愛知県富木島町新石根84-1 小川糖尿病内科クリニック

【アクセス】 名鉄常滑線太田川駅から知多バスで9分

【選考の流れ】 ①履歴書を当院宛にご送付ください。
         ▽履歴書送付先▽

         〒476-0011 愛知県東海市富木島町新石根84-1
               小川糖尿病内科クリニック 宛  
        ↓
        ②履歴書内容を確認後、お電話もしくはメールにて面接の日程を
        調整いたします。
        ↓
        ③面接実施
         ※新型コロナウイルス感染症蔓延の影響により、
         実施方法が異なる場合があります。
        ↓
        ④採用決定のご連絡

※採用が決定次第、予告なく募集を終了いたします。

 あしからず、ご了承ください。


【最後に...】 

午後勤務もしくは土曜日勤務も可能な方(パートさん)を募集中です!  

◆午前のみ勤務でも面接したうえで採用検討させて頂きます。 

◆糖尿病の患者様に対する指導や処置の経験がある方、
 また、患者様への接遇に自信のある方も歓迎いたします。

◆糖尿病、甲状腺など内分泌疾患について学びたい方、看護師としてスキルアップしたいという意欲をお持ちの方もぜひご応募ください。

◆糖尿病療養指導士などに興味がある方は最大限バックアップいたします。

◆残業はほとんど無く、家庭との両立が可能です。


皆様のご応募をお待ちしております!

2021/06/15

当院での新型コロナワクチン接種の流れ

こんにちは。

小川糖尿病内科クリニックの小川です。

当院ではコロナワクチンの予防接種を5/10(月)から開始しております

具体的な予防接種の持ち物や流れなどについてご説明いたします。


◆当日の持ち物

・接種券

・予診票(できる限りご記入の上ご持参ください)

・接種済証(1回目接種時にお渡しいたしますので、2回目接種時にご持参ください)

・健康保険証(副反応が強く出た場合の処方などは保険適応となります)

・住所がわかる本人確認書類(運転免許証など)

・お薬手帳(あれば)

※接種券、予診票がない場合は接種致しかねますので、必ずお持ちください。


◆予診票の記載例(拡大してご確認ください)














◆接種当日の服装


・肩に近い位置に接種いたしますので、
 半そでの服、袖なしの服を着用ください。

 ・その服装で上着を羽織った場合は、
  接種時には脱いでいただきます。


◆当日の接種の流れ

ご予約時間に当院にお越しください

②受付にてコロナワクチン接種のためご来院いただいたことと、お名前ご予約時間をお申し付けください

◆当日の持ち物に記載されているものを受付にご提出ください

 ※必要に応じで体温測定いたします

④医師による問診の後、ワクチンを接種いたします

⑤待機場所に移動していただき、15分〜30分待機します

接種済証を発行いたしますので、お受け取りください

⑦待機時間が終わりましたらお声がけいたしますので、特に問題がなければお帰りいただきます


◆注意事項

・感染症対策のため、必ずマスク着用の上お越しください。

・スムーズに接種するため、事前に予診票にご記入ください。

・他の患者さまの診察と同時進行で予防接種を行っているため、予約時間より前後する可能性がございます。予約時間はあくまで目安時間でありますことをあらかじめご了承ください。

・接種者の付き添いの方は最低限の人数でお願いいたします。



皆様のご来院をお待ちしております!

2021/05/10

新型コロナウイルス感染症の対策講座報告

こんにちは。

小川糖尿病内科クリニックの院長の小川義隆です。


先日、地元のコミュニティ様より新型コロナウイルスの感染症対策講座のご依頼があり、Zoomにて講演をいたしました。


講演内で実際に使用した動画を、ブログでも皆様にご覧いただけるように

Youtubeにアップいたしました。

もしご興味がありましたら、一度ご覧ください!


Part1



Part2


Part3



2021/05/04

新型コロナ(COVID19)ワクチン投与の副反応

こんにちは。

小川糖尿病内科クリニックの小川義隆です。

前回、新型コロナ(COVID19)ワクチンとアナフィラキシーの記事(気になる方はこちらをクリック)を投稿しましたが、その他にも副反応はありますので、そちらについても述べていきたいと思います。


◆接種後に起こる副反応



 日本で承認されているファイザー社のワクチンに関して、一番多い副反応は接種部位の痛みです。海外の臨床試験では7割程度の高齢者に起こるとの結果が出ています。これは高齢者で注意が必要な症状というわけではなく、むしろ、若年者よりも少し頻度が低いとされています。

 その他、頻度の高い副反応として、倦怠感、頭痛、悪寒、筋肉痛、関節痛、腫れ、吐き気、嘔吐などが起こることがありますが、たいてい数日以内で良くなることが分かっています。

 いずれの有害事象も、高齢者で発生頻度が上がっているというものではありません。

◆1回目、2回目接種後に起こる副反応の違い

厚生労働省は3月26日、医療機関や製造販売業者からの副反応疑い報告状況、国内アナフィラキシー発生状況などについての検討会を開催し、「新型コロナワクチン投与開始初期の重点的調査(コホート調査)」の中間報告などを行いました。それによるとファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを接種した場合、発熱、倦怠感、頭痛などの副反応が2回目に多くみられ、いずれの症状も接種当日~翌日に出現している場合が多かったようです。

報告によると、発熱の場合“1回目接種後の発熱(37.5℃以上)は3.3%であったのに対し、2回目は35.6%と高率だった。発熱する場合は翌日が多く、接種3日目には解熱した”とあり、また接種部位の疼痛は“1回目、2回目いずれでも90%超で、接種翌日が最も頻度が高く、接種3日後には軽快した”ということです。

主な症状と発症率は以下のとおり(1回目/2回目)。


発熱(37.5℃以上):3.3%/35.6%
発熱(38℃以上):0.9%/19.1%
接種部位反応:92.9%/93.0%
発赤:13.9%/16.0%
疼痛:92.3%/91.9%
腫脹:12.5%/16.9%
硬結:10.6%/9.9%
熱感:12.8%/16.6%
かゆみ:7.9%/10.4%
倦怠感:23.2%/67.3%
頭痛:21.2%/49.0%

2回目接種後は、副反応は頻度も強さも上がりそうです。しかし、重篤なものは少ない印象です。症状が気になる、しんどい、心配な方は保険診療で適切な対応・処方ができますのでご相談頂ければ幸いです。






*:第54回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、第14回薬事食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会合同開催

(参考資料)
Safety and Efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine
(mRNA Covid-19 ワクチン BNT162b2 の安全性と有効性)

2021/05/03

当院での新型コロナ(COVID19)ワクチン接種後のアナフィラキシーと対策

こんにちは。

小川糖尿病内科クリニックの小川義隆です。



新型コロナ(COVID19)ワクチン接種後の症状に関しまして質問がありましたので、
こちらで簡単に述べさせていただきます。

まず、本ワクチン接種で想定しておくものとして、大きくアナフィラキシーとその他副反応があります。

今回はアナフィラキシーに関しての内容にとどめさせていただきます。


COVID-19ワクチンとアナフィラキシー

そもそも人は、体調や体質により、外部から体内に入るもの (例えば食物、お薬など)によって、“アレルギー反応” を起こすことがあります。 

ワクチンも同様に、頻度は多くありませんが、アレルギー 反応などの副反応を起こすことがあります。

アレルギー反応が短い時間数分~数時間:ほとんどが30分以内で全身に激しくあらわれることをアナフィラキシーといいます。


◆ 具体的な症状

蕁麻疹、皮膚のかゆみ、赤み、動悸、吐き気、嘔吐、頭痛、冷や汗、血圧低下、皮膚が白くなる、くしゃみ、咳、呼吸困難、ゼイゼイ、ヒューヒューという呼吸音(喘鳴)痙攣、意識障害など多岐にわたります。

その中でも血圧低下や意識レベルの低下、失神を伴うなど、重症の場合をアナフィラキシーショックと呼びます。

 COVID19ワクチン100万回投与当たり5~11.1例のアナフィラキシーが報告されており、

ワクチンに使用されているポリエチレングリコール(PEG)がアレルギー反応を引き起こす可能性があると指摘されています。

アナフィラキシーは新型コロナ(COVID19)ワクチンに特異的なものでは決してありません。



◆他のワクチンのアナフィラキシー

 その他のワクチン(日本脳炎・MR・インフルエンザなど)によるアナフィラキシーは非常に稀であり、せいぜい100万人に1人の頻度で、 報告された死亡者はいません。
日本のどこかで毎年10人ほどはワクチン接種後にアナフィラキシーを発症していることになります(厚生労働省 予防接種後副反応集計報告書)。


◆アナフィラキシー発症後の対策

 決して頻度が多いわけではありませんが、万が一重篤なアナフィラキシー(ショック)が発症した場合、直ちに患者の意識の有無、呼吸困難や皮膚症状の有無を確認し、全身の観察を行った後に救急車で搬送します。

患者を寝かせて楽な姿勢にして足を30cmほど高くし、呼吸状態が悪化している場合は酸素投与を行います。必要に応じてアドレナリン筋肉注射を投与、必要に応じて心肺蘇生を実施します。



 上記の処置に関しましては、保険診療で対応が可能です。
万が一の処置に備えて、必ず保険証の持参もお願いします。

 このため、当院で新型コロナCOVID19ワクチン接種後は15~30分程度の院内待機をお願いしております。

 その他にも副反応はありますが、アナフィラキシーが最も重篤なものになるためまずは、こちらをご留意頂ければ幸いです。


◆最後に…

 最終的にワクチン接種は、リスクとベネフィットを勘案し、接種を望まれた方が接種して頂き、最終判断はご自身行って頂くしかありません。

 尚、私自身は先日一回目接種を行いました。一回目に関しては少し筋痛があった程度で、その他は全く何もありませんでした。二回目接種しましたら症状報告したいと思います。




<追記>

以下は専門的なデータになります。興味ある方のみご高覧下さい。


Pfizer-BioNTech社およびModerna社のmRNA新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンについて、米国の医療従事者約6万5,000人を対象に、初回接種後の急性アレルギー反応発生状況について調査が実施された。

 mRNA COVID-19ワクチンの初回投与を受け、ワクチン接種後3日間、症状を報告した。

 急性アレルギー反応の症状には、接種部位以外の発疹またはかゆみ、じんましん、口唇・舌・目・顔の腫脹、喘鳴・胸部圧迫感または息切れが含まれた。

 主な結果は以下の通り。

ワクチン初回接種を受けた6万4,900人のうち、2万5,929人(40%)がPfizer-BioNTech社、3万8,971人(60%)がModerna社のワクチンを接種した。

アナフィラキシーは16人で確認された(0.025%[95%CI:0.014~0.040%])。Pfizer-BioNTech社ワクチンでは7例(0.027%[0.011~0.056%])、Moderna社ワクチンでは9例(0.023%[0.011~0.044%])報告された(p=0.76)。
・アナフィラキシーが確認された人の平均年齢は41(±13)歳、94%(15人)が女性だった。63%(10人)はアレルギー歴があり、31%(5人)はアナフィラキシー歴があった。
・アナフィラキシー発症までは平均17(±28、1~120)分であった。
1人が集中治療室に入り、9人(56%)がアドレナリンの筋肉内投与を受け、全員がショック療法または気管挿管なしで回復した。

 mRNA COVID-19ワクチンによるアナフィラキシーの全体的なリスクは非常に低く、他の一般的な医療行為と同等と思われる。









 


2020/11/28

インフルエンザ予防接種予約受付終了のお知らせ(2020年度) 

こんにちは。

小川糖尿病内科クリニック院長の小川義隆です。

インフルエンザ予防接種について、お伝えいたします。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

11/28現在

ご予約数がワクチン入荷上限に達したため、予約受付を終了いたしました。

追加の仕入れは、
現時点では困難な可能性がありますので(追加の入荷要望は出してます)、
品切れの際はご了承願います。

今年は、年内に無くなる可能性が高いため、1月の予約は受け付けておりません。
(状況により変更はありえます)


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

◆予防接種開始日
接種は10月1日より開始致します。
(予約は9月1日より開始いたします)

◆予防接種料金表

年齢

金額

0歳~2歳

2500

3歳以上の小児、大人

3000

2回目以降の予防接種

接種時の年齢に応じた金額

1回目と2回目の予防接種の間に3歳になった場合は、予防接種時の年齢の金額となります。

※ 接種費用は、ご予約時の年齢ではなく、接種時の年齢を適用いたします。

※現在、お支払いは現金のみとなっております。

◆予約方法(9月1日~
予約は受付予約、電話予約(052-604-8080)、WEB予約が可能です。
※申し訳ありませんが、WEB予約で必要接種回数を上回る仮押さえ行為はお控えください。

◆接種年齢、接種量
1)6カ月以上3歳未満:1回 0.25mL 2回接種
2)3歳以上13歳未満:1回 0.5mL 2回接種
3)13歳以上:1回 0.5mL 1回接種
4)慢性疾患、免疫抑制状態、高齢者、医療従事者など:1回 0.5mL 2回接種

1回目接種後、2~4週間あけてから2回目の接種を行います。
 (効果向上のため、4週間以上間をあけるのが望ましいです。)

◆接種当日の持ち物
1)健康保険証
2)母子手帳(小学校6年生までは、必ずご持参ください)
3)予防接種問診票をご記入の上ご持参いただけますと、スムーズに予防接種を進められます。
4)(必要な方のみ)接種補助券など

◆特記事項
1)新型コロナウイルス感染症対策のため、発熱がある方の診察時間と予防接種時間を分けて設置しておりますが、予防接種時に発熱がある方がお越しいただいた場合でも導線が交わらないように配慮して予防接種、診察を行うようにしております。

2)外来患者様と同時進行で予防接種を行いますので、ご予約時間はあくまで目安時間となります。ご了承ください。

3)65歳以上で自治体の公費を使われる方は、公費価格を利用できます。
東海市内在住で満65歳以上で高齢者インフルエンザ予防接種を希望する場合は、
1回(予防接種を受ける日に65歳になっている)のみ公費利用できます。
但し、満60歳以上満64歳未満で心臓、腎臓、呼吸器の機能障害で日常生活が極度に制限される方も含まれます。
2回以降は全額自己負担となりますのでご注意ください。
接種当日は健康保険証・運転免許証等本人確認のできるものをご持参ください。


皆さまのご予約をお待ちしております。



ロゴ決定

ロゴ決定 小川糖尿病内科クリニック

皆さま、こんにちは。 当院のロゴが決定いたしました。 可愛らしいうさぎをモチーフとして、小さなお花をあしらいました。 また、周りは院長の名字である「小川」の「O(オー)」で囲っております。 同時に、世界糖尿病デーのシンボルであるブルーサークルを 意識したロゴとなって...