2020/02/25

PV39000

こんにちは。

小川糖尿病内科クリニックです。

おかげさまでPV39000達成しました。


当院では

糖尿病をはじめ生活習慣病に力を入れておりますが

一般的な症状

風邪、腹痛、花粉症、皮膚のかゆみ、一般健診

なども窓口として対応しております。

判断が難しい場合は

専門家へ紹介もできますので

かかりつけとしてお気軽に受診頂ければ幸いです。


2020/02/23

【YouTube】健康診断の流れについて 

こんにちは。
小川糖尿病内科クリニックの小川義隆です。

健康診断のご予約が少しずつ多くなってまいりました。
そこで、当日の流れについて簡単に動画を作成いたしました。

当院で健康診断の実施をお考えの方や、
ご予約されて当日の流れを知りたいという方は
ぜひご覧ください。

なお、アップロードした動画は9000円コースを参考に作成しております。
他のコースとは内容が異なりますので、ご注意ください。

健康診断の当日の流れ:動画はこちら
健康診断WEB予約ページ:WEB予約はご予約はこちら



2020/02/22

健康講座194~風疹対策

こんにちは。

小川糖尿病内科です。


 
 風疹の流行は、ワクチン接種と密接に関わりあっています。風疹の定期接種が始まったのは1977年のことで、対象は女子中学生でした。妊娠中の胎児への影響、いわゆる先天性風疹症候群(CRS)予防を最大の目的としたためです。

 しかし、女性限定の接種では流行をコントロールできず、定期接種の開始後も数年ごとに大きな流行を繰り返しました。このため、1995年4月からは1~7歳半の男女を対象にワクチン接種が行われるようになり、接種歴のない中学生男女への経過措置もとられました。こうした施策によって、長く風疹患者の多数を占めていた小児の感染は激減したのです。
ここ最近、小児に代わって風疹患者の大半を占めているのは成人です。中でも、ワクチン接種制度の狭間となり、1回もワクチンを接種したことのない「1962年(昭和37年)4月2日~1979年(昭和54年)4月1日生まれの男性」が新規罹患者の大きな割合を占めています。この世代の男性は、自身がワクチンを受ける機会がなかったうえ、同世代の女性はワクチンを受けているために、上の世代に比べ風疹の罹患を免れた人が多く、十分な抗体価を有しないままの人がほかの年代よりも多いのです。具体的には、この世代の男性の約20%、5人に1人が十分な抗体価を持ちません。女性の6%と比べるとその比率の高さがわかります
 抗体価の低い成人が中心となった風疹の流行は繰り返し起こっています。とくに2012~2013年は計1万6,730人の患者を出す大流行となり、45人のCRSが報告される事態になりました。厚労省と感染研は「次の流行はなんとしても食い止めたい」と対策を講じ、2014年以降の患者数は減少を続けました。しかし、2018年に再び増加に転じ、2019年も約3,000人と再び増加の傾向にあります。患者の内訳を見ると95%が成人、男性が女性の4倍近くと2013年の大流行時から状況は変わっていないです。
 こうした状況を受け、2019年に厚労省は「風しんの追加的対策」を発表しました。これまで「抗体検査のみ無料」としていたターゲット世代に対し、ワクチン接種まで公費で賄う、という内容です。
 以下、今回の対策の具体的な内容です。
・対象:1962年(昭和37年)4月2日~1979年(昭和54年)4月1日生まれの男性
・期間:2019年~2022年3月末
・方法:居住自治体から、抗体検査とワクチン接種が無料で受けられるクーポン券を郵送。医療機関の混雑を避けるため、クーポン発送は年齢別に2回に分けて実施。但し、クーポンが届かなくても自治体に請求することで入手可。
2019年度/1972年(昭和47年)4月2日~1979年(昭和54年)4月1日生まれ
2020年度/1962年(昭和37年)4月2日~1972年(昭和47年)4月1日生まれ
数千円の抗体検査と1万円程度のMRワクチンを全額無料になります。
 2019 年度内にクーポン券を発送予定の約 646 万人のうち、2019年4~11月に抗体検査を受けた人は 97万8,422 人(対象者の約 15.1%)、ワクチン接種を受けた人は 19万7,572 人(同約 3.1%)でした。厚労省は東京オリンピック・パラリンピックが行われる2020年7月までに現状79%程度のターゲット世代の抗体保有率を85%に、2022年3月までに90%程度に引き上げることを目標としていますが、このままの受診ペースでは難しいのが現状です。

成人男性の風疹について誤解があります。
誤解1)風疹は子供のときにかかったから大丈夫
 すでに風疹にかかったとの記憶のある人達に血液検査を行ったところ、約半分は抗体陰性で、風疹は記憶違い、または風疹に似た他の病気にかかっていたという調査結果があります。風疹はよく似た症状の病気が非常に多いです。「かかったから」と言う方にこそ、過去の記憶に頼らず、しっかり抗体検査を受けててください。
誤解2)風疹って死ぬような病気じゃない?
 風疹は通常あまり重くない病気ですが、まれに脳炎、血小板減少性紫斑病などの軽視できない合併症を起こすことがあり、実際、毎年入院する人も出ています。そして、もっとも怖いのがCRSです。感染者が免疫の不十分な妊娠初期の女性と飛沫が飛ぶ範囲(1~2m以内)で接触することで感染が生じ、高確率でお腹の赤ちゃんに障害を負わせてしまいます。自分が加害者になる怖さを知って頂きたいです。

誤解3)風疹になったら家にいるから他人には伝染させないよ
 風疹は発症する1週間前から他人に感染します。自覚症状のないまま職場や公共の場に出ることが危険なことなのです。
 みなさん、積極的に風疹対策をしましょう。

2020/02/21

管理栄養士さん(パート) 募集します!

こんにちは。
小川糖尿病内科クリニック院長の小川です。

現在、当院では人員強化のため、
土曜(午前)勤務・午後勤務が可能な管理栄養士のパートさんを募集しております。

【募集職種】 管理栄養士

【仕事内容】 ・外来患者様の個人栄養食事指導や糖尿病教室等の集団栄養指導
       ・栄養食事指導患者様のスケジュール管理
       ・受付業務、事務作業
       ・データ入力・分析
       ・検査の補助
       ・院内清掃 等

【給  与】 時給 1,200円(午前・午後)

【勤務時間】 8:30 ~ 19:15
       月・火・水・金  午前 8:30~12:30  午後 15:45~19:15
       木・土      午前 8:30~12:30
       残業あり

【休日休暇】 木曜日・土曜日午後
       祝日・日曜日
       夏季休暇・年末年始   
       
【応募要件】 午後勤務が可能な方
       管理栄養士
       栄養指導の経験がある方

【試用期間】 就業から3ヶ月は試用期間になります。

【福利厚生】 インフルエンザワクチン予防接種
       交通費全額支給
       マイカー通勤OK(駐車場完備)
       雇用保険
       資格取得支援・手当あり

【勤務地】  愛知県富木島町新石根84-1 小川糖尿病内科クリニック

【アクセス】 名鉄常滑線太田川駅から知多バスで9分

【選考の流れ】 ①履歴書を当院宛にご送付ください。
        履歴書送付先:〒476-0011 愛知県東海市富木島町新石根84-1
               小川糖尿病内科クリニック 宛  
          ↓
        ②履歴書内容を確認後、お電話もしくはメールにて面接の日程を
        調整いたします。
          ↓
        ③面接実施
          ↓
        ④採用決定のご連絡


【最後に...】        
◆糖尿病の患者様に対する栄養指導の経験がある方を募集中です。
 また、患者様への接遇に自信のある方も歓迎いたします。

◆管理栄養士としてスキルアップしたいという意欲をお持ちの方もぜひご応募ください。

◆当院では、管理栄養士が1名在籍しておりますので、教え合う職場環境が整っております。

皆様のご応募をお待ちしております!


2020/02/20

健康講座191~超加工食品と糖尿病発症

こんには。

小川糖尿病内科クリニックです。


 保存料や人工調味料が使われているインスタント食品やスナック菓子などの「超加工食品」の摂取量が多いほど、2型糖尿病のリスクが高まるとされています。

 パリ大学(フランス)のBernard Srour氏らは2009~2019年にかけて、18歳以上のフランス人10万4,707人(平均年齢42.7±14.5歳、うち男性20.8%)を6.0年(中央値)追跡した。研究参加者は3,500種以上の食品の24時間摂取量を記録。追跡期間中1人当たり平均5.7回の記録を用い、超加工食品の摂取量を推計して、その摂取量と2型糖尿病リスクとの関連を検討した。

 既知のリスク因子(生活習慣、体格、既往歴、社会人口学的因子、栄養関連因子など)で調整後の2型糖尿病罹患率は、超加工食品の摂取量が最も少なかった群は10万人年当たり113、摂取量が最も多かった群は166だった。超加工食品の摂取量が10%増えるごとにリスクが15%上昇するという関連が認められた。

 超加工食品には、保存料や人工調味料、食感改良剤、人工甘味料、着色料などが含まれていることが多い。超加工食品として、インスタント麺やチキンナゲット、清涼飲料水、マーガリン、菓子パン、飴、シリアル、温めるだけのピザなどのほか、栄養補助食品の中にも該当するものがある。

 このようなインスタント食品は先進諸国で広く普及しており、食事の25~60%を占めるとされる。一方、先進諸国を中心に2型糖尿病が公衆衛生上の大きな懸念となっており、2017年には世界で4億2500万人が糖尿病と推計されている。さらにその数は、2045年までに6億2900万人に増加すると見込まれている。

 今回の研究では、喫煙者、肥満者、運動量の少ない人、赤身肉や加工肉の摂取量が多く全粒穀物や果物、野菜の摂取量が少ない人で、超加工食品の摂取量が多い傾向があった。これらの因子はいずれも2型糖尿病のリスクを高める。


 食事内容の4分の3を果物や野菜、全粒穀物などの食物性の食品が占めるようにし、残りの4分の1を脂肪分の少ないタンパク質や低脂肪の乳製品に当てるようにできるとよいでしょう。



健康講座193~SGLT2阻害薬と痛風への期待

こんにちは。

小川糖尿病内科クリニックです。

                                                          血糖降下薬であるSGLT2阻害薬により痛風のリスクが低下する可能性が示された。


 SGLT2阻害薬を使用している人では、他の血糖降下薬(GLP-1受容体作動薬)を使用している人と比べて、痛風を発症するリスクが36%低かった。SGLT2阻害薬は2型糖尿病患者にとって最も効果的な薬剤の1つであり、痛風のリスク低減につながる可能性もある。

 SGLT2阻害薬は、成人2型糖尿病患者に使用される血糖降下薬としては比較的新しいクラスの薬剤である。この薬は腎臓に作用し、体内の糖を尿とともに体外へ排出する。薬剤の名称(一般名)としては、カナグリフロジン、ダパグリフロジン、エンパグリフロジンなどが該当する。

 2型糖尿病の人は血中の尿酸値が高いことが多い。その状態が長引き、尿酸の結晶が関節に蓄積すると痛風を引き起こす。痛風の症状はまず足の親指に現れることが多く、激しい関節痛や腫れを生じる。


 今回の研究は、SGLT2阻害薬またはGLP-1受容体作動薬を新たに処方された約30万人の2型糖尿病患者(平均年齢54歳)を対象に実施された。その結果、SGLT2阻害薬を処方された約15万2,000人のうち636人が痛風を発症した。一方、GLP-1受容体作動薬が処方された約14万4,000人のうち、痛風を発症したのは836人だった。1,000人年当たりの罹患率は、SGLT2阻害薬4.9、GLP-1受容体作動薬7.8であり、SGLT2阻害薬がハザード比0.64で有意に低かった。

 このように血糖降下以外の作用が見られたSGLT2阻害薬だが、リスクが全くないわけではない。米食品医薬品局(FDA)は一部の薬剤に、骨密度の低下や骨折リスクの増加に関する警告表示を義務付けている。また重篤な感染症や下肢切断のリスクが増加するとの報告があることも明らかにしている。

 
 診察している2型糖尿病患者さんの一人一人について、常にリスクとメリット、薬剤コストを比較検討が必要である。SGLT2阻害薬は非常に高額ではあるが、低血糖や体重増加を来すことが少ない。かつ今回の研究データから、痛風患者や痛風リスクの高い人では、SGLT2阻害薬によってそのリスクが低下する可能性が示された。



2020/02/19

健康診断 ネット受付可能期間 延長しました

こんにちは。
小川糖尿病内科クリニックの小川義隆です。

現在、健康診断のご予約が少しずつ増えてきております。

以前は健康診断のネット受付可能期間が1か月先まででしたが、
本日より2か月先の予約が可能になりました。

なお、企業様の健診も承っておりますので、検査項目や注意事項をよくお読みの上、
お気軽にお電話にてお問い合わせください。

3月、4月は健康診断のご予約が集中が予想されますので、
お早めのご予約をお勧めいたします。

健康診断のご予約ページはこちらをクリック

2020/02/18

健康講座192~メタボリックシンドロームと静脈血栓

こんいちは。

小川糖尿病内科クリニックです。

 肥満や高血糖、脂質異常症や高血圧といったリスク因子が集積するメタボリックシンドロームでは、深部静脈血栓症(DVT)や肺塞栓症などの静脈血栓塞栓症(VTE)の初発リスクが高まることが知られている。


 2004~2017年にDVTと診断された15万1,054人の患者を対象に、メタボリックシンドロームの有病率を調べ、メタボリックシンドロームを構成するリスク因子の保有数とVTE再発リスクとの関連について後ろ向きに分析した。

 その結果、対象患者の68%は、リスク因子を少なくとも1つ保有していた。また、対象患者全体のVTE再発率は17%であり、リスク因子が重積するほど再発率は高まることが分かった。VTE再発率は、リスク因子がまったくない患者では7%であったのに対し、リスク因子が1つの患者では14%、2つの患者では21%、3つの患者では30%であり、4つ全てを保有する患者では37%に達していた。

 ただ、DVT発症後に抗凝固薬を服用していた患者では、VTE再発率の上昇は認められなかった。この点について、凝固療法によりVTEの再発リスクは低減することが知られている。そのために、メタボリックシンドロームが血栓症リスクに与える影響は過小評価されていた可能性がある。

 DVTと診断されたらメタボリックシンドロームの有無を確認する必要がある。肥満や脂質異常症、高血圧、糖尿病といったリスク因子が1つでもあると、VTE患者の予後は悪化するとされるが、これらのリスク因子は、生活習慣の是正や適切な治療によって改善できます。



2020/02/17

PV38000


こんにちは。

小川糖尿病内科クリニック院長の小川義隆です。

PV38000となりました。


花粉症のシーズンになりましたので

はやめの対策をしましょうね。




2020/02/16

健康講座1 糖尿病と合併症

健康、糖尿病に関する考え、情報、知識、トレンド、トピックスなどを自由に書いていきたいと思います。

第一回ですが方向性はまだ手探りです。
専門医レベルのマニアックな内容から一般向けの内容まで思いつくままやって参ります。

それでは早速今回は

糖尿病合併症 

糖尿病には様々な合併症があります。

糖尿病の患者さんで血糖コントロールがうまくいっていないと、合併症が発症したり、進行したりすることがあります。糖尿病の合併症は大きく急性合併症と慢性合併症に分類できます。

本日は慢性期合併症のお話をします。

糖尿病の合併症には「しめじ」(神経障害、網膜症、腎症)がよく知られています3(大合併症)。

また、怖い合併症はえのき(えそ、脳梗塞、狭心症・急性心筋梗塞)です。



糖尿病は、これら以外にも、がん・認知症・感染症・うつ・歯周病も、糖尿病の合併症と関係していることが報告されています。

がん
本癌学会の公式英文誌であるCancer Scienceより、糖尿病と悪性腫瘍のリスクについて疫学的エビデンスから捉えた総説が出版されました。
糖尿病(主に2型糖尿病)の日本人で、これまで報告された糖尿病と部位別癌との関係を検討した疫学研究のメタ解析によれば、糖尿病は肝癌、胆道系癌、膵癌、胃癌、大腸直腸癌、腎癌、膀胱癌、乳癌、子宮内膜癌の有意な危険因子であった。一方、糖尿病患者では前立腺癌のリスクが減少することがメタ解析で示されています。

感染症
糖尿病の人は、肺炎や膀胱炎、腎盂炎〈じんうえん〉、皮膚炎、歯肉炎、あるいはかぜといった、感染症にかかりやすいことが知られています。また、感染症が急速に重症化することも多く、回復には時間がかかります。そして、感染症にかかると血糖値が普段以上に上昇するので、コントロールが悪化し、糖尿病そのものにも影響がでてきます。

うつ症状
糖尿病や肥満の人はうつ病の発症リスクが高いという、約1万2,000人の日本人を対象とした調査結果を、国立精神・神経医療研究センターなどが発表しております 

認知症
九州大学が行っている「久山町研究」では、高齢糖尿病患者では認知症の合併が多いことが明らかになっている。糖尿病のある人ではそうでない人に比べ、アルツハイマー病や血管性認知症の発症リスクが2~4倍に上昇するといわれています。

歯周病
糖尿病を患う方は歯周病になりやすいことがわかってきました。一方で、歯周病になると血糖コントロールが悪くなるとも言われています。

簡単に列挙するだけでもこれだけのものがあり、非常に怖い病気です。

各論やメカニズムについてなど今後ぼちぼち更新していきたいと思います。

本日はこれにて。

Takehome messege



①重要な合併症は「しめじ」と「えのき」



し・・・神経障害


め・・・網膜症


じ・・・腎症


 


え・・・えそ


の・・・脳梗塞


き・・・狭心症・急性心筋梗塞



 ・糖尿の合併症は症状に乏しいが危険なものが多い


 ・糖尿病、その合併症は早期発見早期治療


 ・糖尿病は認知症や癌にも関連がある





ロゴ決定

ロゴ決定 小川糖尿病内科クリニック

皆さま、こんにちは。 当院のロゴが決定いたしました。 可愛らしいうさぎをモチーフとして、小さなお花をあしらいました。 また、周りは院長の名字である「小川」の「O(オー)」で囲っております。 同時に、世界糖尿病デーのシンボルであるブルーサークルを 意識したロゴとなって...